こんにちは!

ムダをなくし生活の最適化が大好きな星乃(@madoka_hoshino)です。

時間をお金で買うつもりで逆に時間を損していませんか?

人生において、一番大事なものはお金ではなく時間だと言われています。

なぜなら、お金は増やす方法があるけれど、時間は増やす方法がないから。

時間だけは戻ることなく増えることなく、唯一誰に対しても平等です。

だからこそ、時間はお金より大事なので、時間をお金で買え!、時間を減らすものにお金を使うべき!という人もいます。これにはわたしもすごく同意です。

しかしある意味これは、正しいともいえ、正しくないともいえます。

なぜかというと、時間をお金で買って、かえって時間を損するパターンもあるからです。

時間をお金で買って、かえって時間を損するパターンとはどういう時でしょうか。私の知り合いのOLさんの例から話してみます。

時短のためにタクシーをガンガン使うOLさん

これはわたしの知り合いのOLさんの話です。

彼女は勉強家で、時間を大切にする考え方に感銘をうけ、それを実践している人でした。

彼女を見ていて、これはやりすぎというか、かえって時間を損しているのでは?と思ったことがあったのです。

彼女は頻繁にタクシーを使う人でした。

時間を大切にするために「移動に時間をかけるのはもったいない。時間の無駄だ」とよく彼女は言っていました。

要は、「時間を短縮するため」ということだったのです。

理由はよくわかるのですが、その彼女のタクシーの使い方が半端なかったのです。たとえ歩けば10分程度の距離でも、タクシーがあればタクシーを拾う。移動するとなれば、タクシーが拾える場所ならば即タクシーという感じでした。

どれくらいすごかったかというと、タクシーの使う頻度で付き合っていた彼氏を揉めるくらい。

彼氏はすぐにタクシーを使うのはもったいないという考え方で、彼女は時間こそが勿体ないからタクシーを使いたい、という考え方なので、全く真逆の価値観だったのです。

時間を大切にするためにそこにお金を投資するという考え方は非常に大事です。

ですが、彼女のように、どんな時もタクシーをガンガン使うのは、かえって時間を損しているかと思うんですね。

なぜかというと、そのタクシー代を稼ぐために余計に働いているからです。

時短に使ったお金を稼ぐために余計に働くのは本末転倒

都内でタクシーを使ったら今は410円からですが、だいたいは初乗りでは終わらず、600~700円程度にはなるかなという感じですよね。ちょっと距離があったらすぐに1000円とかになります。

時給で働いている人ならばタクシーを一回使ったら一時間長く働くようなイメージです。

彼女のようにちょっとした移動でもガンガンタクシーを使っていたら、使ったタクシー代のために働く時間が増えてしまいます。

時間給で働いている勤め人の人は、タクシー代を払うために余計に働いているような状態に陥ってしまうんですよ。

これって本末転倒じゃないですかね。

時間を短縮するためにお金を使っているはずなのに、その時短に使うためのお金を稼ぐために時間を使って働くという。

なんだかこんがらがってきそうな状態です。

ようは、余計に働く時間が増えちゃうから、かえって時間を損しちゃうよってわけです。

彼女自身は自己投資にお金をいとわない部分もあるので、給料では足りず消費者金融からお金を借りていて返済もしていましたので、余計に過剰な出費は抑えたほうがいいのではと思っていたところもあります。

タクシーをガンガン使えるのは時間給で働いてない人

お金  時間 損する

私が思うタクシーをガンガン使ってもいい人は、「時間給で働いてない人」だと思うんですよね。

投資をしていたり、経営者だったりして働かなくてもお金が入る仕組みがある人は、タクシーをガンガン使ってもいいかと思います。

少なくとも、わたしたち一般庶民が「時短」と称してタクシーをガンガン使うのは貧乏まっしぐらです。

(時間給で働いているならば) タクシーを使ってカットできる時間と、そのタクシー代を稼ぐために働く時間との割合を考えると、コストパフォーマンスがとても悪いと言えます。

それならば、ちょっとした移動は電車や自転車を使い、移動中にスマホで読書するとか、音声を聞くとかした方が効率がいいんじゃないかと思いますね。

タクシー使って時間をお金で買う作戦は、一般市民がおいそれと取れる戦法ではありません。

車を持たず移動はタクシーを使っている裕福層は存在しますが、それはあくまで、車を持つ維持費分と、タクシーを使う頻度を考えたら、タクシーを使った方がコスパがいいからそうしているだけです。(本当のお金持ちほどコスパをしっかり考える)

上手な時短になるお金の使い方とは?

時間を大事にする考え方はとても大事です。ですが、それ以上に時短の為にどこに時間を使うか、はとても大事です。

わたしが思う、「時短のために使うべきお金」は生活に使う時間を減らすものです。

つまりは、家事の手間を減らすモノですね。

わたしは時短になる家電にはお金をかけるべきだと思っています。

具体的には、 乾燥機付き洗濯機やルンバなどの自動掃除機、布団乾燥機、食器洗浄機などです。

※一人暮らしの場合は洗濯機を持たず、週一回コインランドリーに行った方がコスパがいいかもしれません。

これらの家電に投資するのがコスパがいいのは、毎日使うものであるうえに、一度投資すればずっと時間を生み出してくれるからです。

初期投資はお金がかかるのですが、使えば使うほど、(壊れなければ)初期投資でかけたコストは下がっていくんですね。

逆にタクシーは一回きりです。使えば使うほどコストがかさみます。

そう思うと、あまりコスパの良い投資とは言えません。

絶対にタクシーを使うなとは言いませんし、時間を大事にする、という考えは基本として持っていてほしいと思います。

けれど、自分の時給を考えつつ、 どこにお金を投資したほうがいいか、といのはいつも考えていてほしいなと思いますね。

「時間給」で働く人は、「時間を大事」にするバランスをよく考えたほうがいいかなと思った話です。

時間を生み出すモノに効率よくお金をかけていきましょう。

効率化の話について書かれた記事はコチラ

ゴミ箱を減らして家事の徹底断捨離!風水的にもお金持ちに効果ありの方法

服を持たない暮らしで決断力を上げろ!お金(節約)以外のメリットがすごい件

貧乏から脱出する具体的な方法を書く!節約→貯金&資金作り→投資が最強最短ルート