こんにちは!星乃(@madoka_hoshino)です。 

お金が貯められない人、貯金できない人、すぐに毎月1万円くらいなら貯められます。

お金が貯められない、いつの間に給料がなくなっている…。こういう人に共通することが一つあります。

それはずばり、「使ってないのに課金しているものがあること」です。

毎月課金していて、自動でお金を払っているものが、たくさんあるんですね

私の周りは「お金が貯められない人、すぐに手持ちのお金が無くなっちゃう人」がいました。その人の家計やお金の使い方を見ていて思ったのは、「使っていないモノは解約すればいいのに…」だったんです。

使っていないモノの課金をなくすだけで、月1万円くらいならすぐに貯金に回せるからです。この記事では、使ってないのに課金をしている代表的な例をあげてみました。

あなたもこの中で、使ってない、必要のないのにお金を払っているものがあったら、すぐに解約しましょう。課金をやめるだけですぐにその分が貯金に回せますよ。

記事を読んでわかること

●無駄な課金を減らす

●よくある無駄な課金の例

●貯金するために必要なこと

固定費を減らす。無駄な課金は他にもある!

お礼 お返し 内祝い

上に書いた人のように、使ってないのに無駄な課金は自分で思うよりたくさんあります。

企業というのは、月額で契約させたがります。契約している限り、ずっと定期的にお金が入ってくるので、定期契約は企業としてはありがたいのです。なので、初月無料!みたいな感じで、餌をまいて、とりあえず契約させるわけです。

契約さえしてしまえば、辞める人もいるけど、続ける人も一定数いますから。貯められない人の例で出した人のように、解約がめんどくさいから放置って人もいるんです。

これ、わたしにも経験があります。仕事に忙しいから、ついつい後回しにしてしまうんです。そうなれば、おいしいお客ですよね。使ってないのに払ってくれるのだから。

あなたもそうならないように、ちょっとくらいめんどくさくても、解約はしましょう。

それでは無駄な固定費の例です。

●やってないゲームの月額課金を放置(約2000円)

●読んでない新聞を取り続ける(約4000円)

●ほとんど見てないのに、衛星放送、スカパーなどの契約をしっぱなし(約6000円)

●使ってないのにダスキンの定期契約。玄関マットまで。(約3000円)

●スマホの契約が使ってないのに高いプラン(8000~9000円)

●スマホのデータ通信量が少ないのに、大容量を契約している

●スマホアプリで課金しているものがたくさんある

●使ってないクレジットカードの月額料金

●必要のない保険契約

これらのもの、ありませんか?自分が何に課金しているのか、一度書き出してみてください。絶対に「必要のない課金」はあると思います。

 

スマホアプリの課金は勝手に入れられている場合もあるので注意

家計簿 アプリ オススメ

特に気を付けたいのは、スマホの機種変更の時に、勝手に契約される月額課金のアプリです。ドコモだとdメニュー系のものがいろいろありますよね。

音楽アプリやらテレビやら雑誌やら、月額300~400円程度なのですが、それが5個とか契約されているわけです。これは自分で解約しないと、課金しっぱなしなんです。

意外と解約するのが結構面倒で、解約したつもりがされてなかったりします。わたしも解約したつもりが、まだ解約されてないものがしつこく残っていたりしました。(まるでゴキブリのようだと思いましたw)

解約まで、いくつもリンクを踏んでいかないとたどりつけないとか、解約の方法がわざとわかりずらくなっていたりします。スマホの操作がよくわからないお年寄りは、知らずに月額課金しっぱなしなんじゃないかと思います…。

特に最近は、紙での領収書が廃止されている場合が多いです。

郵便で届かないので、インターネットで確認しないとスマホ料金がいくらなのかわからないのです。なので、余計に発見が遅れるわけです。

しかも、領収書には、料金の詳細は書いてない場合も多いです。お金は支払ってるけど、何に支払っているかわからない。。。なんてことも普通にあります。(わたしはありました)

スマホアプリの契約は、めんどくさくても確認してみてください。そして、使ってないアプリの課金があったら、速攻止めましょう。

そしてそもそも、貯金をしたい人は大手キャリアではなく、格安スマホにしましょう。

それだけで通信費が1/3になりますよ。我が家は家族でLINEモバイルに乗り換えて、通信費が一気に半分以下になりました!

参考:ドコモ→ラインモバイルへ乗り換えで料金はどれくらい安くなる?

 

我が家の固定費見直しの例。使ってないモノを解約

我が家もこの固定費を見直しして、使ってないものを解約しました。それだけで、月数千円ものプラスになりましたよ。

使ってない光電話を解約して毎月+540円

貯金できない 浪費癖

我が家はずっと固定電話として、光電話を契約していました。でも、その光電話、結局 数年の間使ったこと一度もありません苦笑。

仕事の電話もプライベートもすべてスマホで十分だったんですね。おそらく今後もほぼ使わないであろう光電話は解約しました。昔は固定電話がないとできない契約がたくさんありました。

ですが、国民一人一人が自分の電話(スマホやら携帯やら)を持つ時代になってからは、スマホの電話番号でもいろいろな契約ができるようになっています。これからもこの流れが変わるとは思えないので、わざわざ固定電話を契約する必要はないかなと思います。

たった月額540円程度ですが、それでも年間6480円もの節約です。ひと月のガス代が出てしまいます。月数百円と思ってやらない人は多いと思うので、年間どれだけ節約になるかで見てくださいね。

ひと月540円、年間6480円。 10年で64800円です。64800円もお得と思うと、すぐにでもやった方がいいと思いませんか。

 

スマホのデータ容量を下げて月+3000円

ドコモ LINEモバイル 乗り換え

他にも、やったことはスマホのデータ容量を下げたことです。ドコモ契約時代ですが、データ容量を10GB→5GBへ変更したんですね。塩パパとわたしがそれぞれ別で契約していたんですが、それをまずシェアパックに変更。

そこから5GBの契約に変えて、お互い3000円ほどの節約になりました。我が家はwi-fiがあるので、家ではスマホのデータ通信を使わないんですよね。外に出た時のみ、ネットやLINEなどのアプリを使っています。スマホゲームもしないし動画も外で見ないので、ほとんどデータを食わないんです。

10GBだとかなり容量が余っている状態だったので、5GBに変更。そのおかげで、3割ほど料金も安くなりました。まあ、そもそも大手キャリア辞めたほうが節約になりますけどね苦笑

こういったものを見直し、解約していくだけで、お金が出ていく金額が減る人は多いんじゃないでしょうか。

今の時代にはなくてもいいモノ

●新聞

よほど新聞が好きならいいですが、 ニュースを知りたいならネットニュースで十分です。もう新聞の時代ではありません。

●固定電話

ほとんど使ってないならいらないです。仕事関係でどうしても必要な人のみです。今や連絡網すらもほとんどないですし、スマホを登録している親がほどんどです。幼稚園も学校も、大事な連絡はメールの一斉送信で送られてくることが多いです。

 

まとめ:使ってない無駄な課金は根こそぎ解約しろ!

家計簿 夫婦 共有

まず課金しているものを端から書き出しましょう。毎月いくら課金しているのかはっきりさせます。そこから、使ってないモノ、無駄だと感じるものは解約です。

わたしは無駄なものが嫌いなので、変なものは契約してないのですが、それでも解約すべきものは出てきました。書き出してみると、絶対に無駄なものはあると思うので、ぜひともやってみてください。

そして、めんどくさくても、解約頑張ってください。

わたしはネットゲームにはまっていたころ、月額料金を払っていましたが、もうやらなくなっても忙しさとめんどくささで一年くらい課金を放置していたことがあります。(今思えばもったいない)

パスワードがわからなかったり、サイト自体も他に移動してたり、登録してたメールアドレスがどれか忘れていたり、月額を切るのに、とてもめんどくさかった覚えがあります。それでも根性で解約しました。

保険の払いすぎにも注意

保険なども、払い過ぎの人も多いです。何も知らずに保険屋の言うままに無駄に保険を支払っている人ばかりかと思います。これも本当に必要なのか?をきちんと定期的に確認してみてください。(保険についての記事はまた書こうかと思います。)

こうして、固定費を少しでも減らしていくことによって、 貯められない人でも1万円くらいならすぐに貯金に回すことができます。自分で自分が毎月いくら使っているのか、把握するのはすごく大事な事です。

無駄なものはカットし、それを少しでも投資に回していった方が、将来は楽になっていきますよ。

我が家は固定費を削りまくり、無駄遣いを減らして投資に回した結果、毎月20万円もの不労所得を得ています。

参考:【資産運用】2018年10月の結果 不労所得+22万円【投資】

できることから少しずつ見直していきましょう!